ごあいさつ&住宅への想い  続き

 

新築時に美しいのは、当たり前です。

さらに、20年、30年と美しく年月を重ねる事ができるのは「本物」
を使った場合だけです。

他は、入居と同時に古くなっていくだけです。

適切なメンテナンスを行うことで、木は構造材としても、仕上げ材としても素晴らしい素材になります。

長い年月、共に家族と過ごす家です。

きれいなのは初めの10年・・・

それでは、せっかくの家がもったいない。

過ごした年月だけ、味わいが出てこないと、ただの老朽化になってしまいますよ。

「本物」を使って年の重ね方で趣のある家にしてみませんか?

 

突然ですが、皆様ご存じですか?


建築のプロは自宅に本物の自然素材を使います。

その理由は、健康に良くて、長持ちして、子供にも安心で、上質な 満足感 が得られる からです。

あなたが、家を建てる時に

「うちは普通でいいです」と、住宅のプロに言うと、建設業者はほぼ100%

床は合板フローリング、壁や天井はビニールクロスを提案します。

これが普通の光景です。

それでは、30年後はただの中古住宅へまっしぐらです。

では、合板フローリングとビニールクロスを提案した建築のプロに

「もし、あなたの自宅を新築するとしたら、どんな素材を使いますか?」

と質問したらどうなるでしょう。

おそらく、無垢の床板珪藻土漆喰などの自然素材

つまり「本物」を使いたいと言います。

本物は、年月が過ぎるほど、味わいを感じる家に変化していきます。

でもなぜ、お客さんに「本物」を勧めないのでしょうか?

それは、

金額が高くなり注文が取りづらくなる

からです。

しかし、「本物」の良さを知っているので、自分たちの家には「本物を使う」のです。

実は、

私の自宅の大部分も本物の自然素材を使用しました。

その良さは自ら体験することにより、改めてお客様にもお勧めしたいと考える様になりました。

 

ご家族が集まるリビングやお客様を迎え家の顔である玄関だけでも、ご自宅に

「本物」

を使ってみませんか。

そして、家に帰る度に

「(木の)いい香りー。」

を感じ、我が家に帰ってきたと感じる日々を送っては頂きたいです。

※ぶっちゃけ

やはり、無垢の木材を仕上げ材(床・壁・天井)に使用すると割高になります。

しかし、お客様のご希望の予算内で提案するのも私のうでの見せどころ!

ずばり、体当たりでご相談ください。

良い家にするために、解決策を一緒に考えていきましょう。

最近は技術者が減っている

では、「無垢の材料で」と決定しても、

上手に使える大工さん、

木をきちんと選べる大工さん

が減ってきているのは事実です。

どんな良い図面でも、どんな良い材料でも

「大工」がダメならダメな家にしかなりません。

曽我建設では

棟梁である私自信が、製材所を訪れ、しっかり木を選んできます。

そして、一貫して棟梁の私が現場を施工管理します。

私たちは、皆様に素晴らしい木の温かさと香りを確かな技術により提供できる自信が十分にあります。

町の小さな工務店ですが、技ありの大工と一級建築士のプロ集団です。

ぜひ一度、お声をおかけください。

曽我 政雄